個人向け国債の選び方(ネット銀行人気定期ランキング)

個人向け国債の選び方(ネット銀行人気定期ランキング)

TOPページ ネット銀行の基礎知識 > 個人向け国債の選び方

 

個人向け国債の選び方

個人向け国債には「変動10年」「固定5年」という2種類があります。

どちらを選べば良いかは、まず「そのお金が必要となるタイミングはいつか?」をもとに考えることができます。

「今すぐには必要がないけれど、将来、お子さんの学費として使いたい」というお金で、個人向け国債を買う場合には、「お子さんの入学のタイミングがいつか?」を考えます。

「10年間、国債を保有できる」という場合には、必ずしも変動10年を選ぶ必要はなく、固定5年を選ぶこともできます。

この場合には「金利の状態がどうか?」をチェックしましょう。

金利が低い場合には、時間が経てば金利が上昇する可能性もありますし、金利が高い状態にあるときには、できれば長期間保有できる個人向け国債を保有したいのですが、将来金利が下がったときには、変動10年の金利のほうが、不利になる可能性もあります。

そこで「どちらか一方に決めないで、投資に使える資金を変動10年と固定5年にわけて、購入する」「全額を一気に投資するのではなく、金利の状態を見ながら、有利な時期に国債を買い足していく」などの方法も考えられます。

いずれの場合にも「資金が必要となるタイミング=国債を手放して、自分の預金として確保すべき時期」に注意を払いながら、投資を行いましょう。

人気ネット銀行一覧

wa-aka.png 住信SBIネット銀行 ・・・・インターネット専業銀行。特徴として他行宛の振込手数料は、楽天銀行を除き月3回まで無料。同行宛なら何回でも無料です。

wa-aka.png 新生銀行 ・・・・ATM引出手数料実質0円。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート全てのコンビニATMで24時間365日いつでも実質手数料0円で引き出し可能で人気を集めています!

ページトップへ↑