ろうきんの定期預金と比較(ネット銀行人気定期ランキング)

ろうきんの定期預金と比較(ネット銀行人気定期ランキング)

TOPページ ネット銀行比較 > ろうきんの定期預金と比較

 

ろうきんの定期預金と比較

ろうきん(労金)とネット銀行の定期預金金利を比較してみましょう。

ろうきんは各地方の労金によってそれぞれ金利が異なるため、今回は中央ろうきんを参考例として見ていきます。

ろうきんは、各支店がありますので、迷ったことがあった時などに相談に行きやすいのがメリットと言えます。

ただ、預金金利に関しては、新生銀行住信SBIネット銀行などに比べると低めの設定になっています。

下記の表を見てみてください。

 

新生銀行

 

住信SBIネット銀行

楽天銀行

ソニー銀行

ろうきん

1年

 

0.5%

0.22~0.24%

0.450%

0.05~0.08%

3年

 

0.700%

0.6%

0.28~0.30%

0.337%

0.11~0.19%

5年

 

0.800%

0.7%

0.35~0.37%

0.432%

0.15~0.27%

まず、ろうきんの定期預金金利ですが、2010年8月10日は下記になっています。

【1年】0.05~0.08%
【3年】0.11~0.19%
【5年】0.15~0.27%
(金利の幅は預け入れ金額等のプランによって異なります)

対してネット銀行の住信SBIネット銀行の金利を見てみましょう。

【1年】0.5%
【3年】0.6%
【5年】0.7%

開きにして、約0.3~0.4%の開きがあります。

住信SBIネット銀行は【~2011年6月30日まで】SBI 証券口座でSBI ハイブリッド預金に一度に50,000円以上入金すると、もれなく4,000円をプレゼントされるキャンペーン中です。

0.4%違うといってもあまりピンと来ないかもしれませんが、3000万円の預金金額とすると、

3000万円×0.4%=12万円

の開きがあります。

新生銀行はそれよりもさらに高い金利設定を行っています。ただ、銀行側の判断で期間がのびると金利があがる仕組預金になっているため、期間の確約が取れないのが難点です。

そのため、当サイトでは、キャンペーン金利として高い金利を誇っている住信SBIネット銀行をお勧めしています。

定期預金はとにかく利率が大事です。この機会に低い金利のところから高金利のネット銀行に打ちしてみてはいかがでしょうか。

>>住信SBIネット銀行の申し込みはこちらから

人気ネット銀行一覧

wa-aka.png 住信SBIネット銀行 ・・・・インターネット専業銀行。特徴として他行宛の振込手数料は、楽天銀行を除き月3回まで無料。同行宛なら何回でも無料です。

wa-aka.png 新生銀行 ・・・・ATM引出手数料実質0円。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート全てのコンビニATMで24時間365日いつでも実質手数料0円で引き出し可能で人気を集めています!

ページトップへ↑